表面処理事業

タイ国プラチンブリ県に位置する304工業団地に、タナベタイランドは親会社である田辺工業株式会社の支援を得て、表面処理の会社を設立しました。自動車やコンピューター、電子部品産業にイノベーションと技術で、価値をお届けし続けています。表面処理の専門家として、20年以上に渡ってお客様の信頼を得続けています。タナベタイランドの製品は以下の通りです。

無電解ニッケルめっき

無電解ニッケルめっきは、素材の種類・形状に関係なく厚さの均一な皮膜を得ることができます。また、めっき条件により、機械特性や磁性的特性に変化の富んだ皮膜を得ることができます。

亜鉛めっき

亜鉛めっきは鉄製品に対して大きな耐食性を有しています。タナベタイランドでは、極小部品(1mmからめっき可能)から自動車部品いたるまで様々な製品に対応可能です。

電着塗装

電着塗装 (EDP)は塗料の中で直流電流を流すことにより膜厚の均一な塗装を得る方法で、高い耐食性と良好な黒色外観を有しています。

不動態化処理

不動態化処理は、金属表面を化学的もしくは電気的に不動態化させる処理であり、 耐食性・外観等を向上させることができます。タナベタイランドでは、亜鉛ダイカスト・アルミダイカスト・ステンレス等へ不動態化処理することが可能です。

硬質クロムめっき

硬質クロムめっきは、電気めっきの中で一番硬い加工処理であり、耐摩耗性・耐食性に優れています。タナベタイランドでは、硬質クロム専用ラインを保有しており、耐摩耗部品・摺動部品等へ、硬質クロムめっきすることが可能です。

無電解錫めっき

アルミニウム合金上に置換析出する錫メッキで、電気を使わないでめっきすることができます。錫は柔らかく滑りやすいので、アルミニウム合金の機械の初期なじみや摺動性改善に使われています。

フープめっき

フープめっきはリールトゥリールめっきとも呼ばれる連続めっき技術で、巻かれたコイルを伸ばしながら、連続的にめっきを行い、再びコイルに巻き取ります。金、銀、銅、錫、ニッケルを単独もしくは組み合わせてメッキされます。

亜鉛ニッケルめっき

亜鉛ニッケルめっきは亜鉛とニッケルを共析させることで、亜鉛めっきより優れた耐食性、耐熱性、耐傷性を有します。 高温環境や亜鉛めっきでは耐食性が不足する環境にて使用されます。

分析管理

タナベタイランドでは、お客様に満足頂ける品質を実現するために、各工程できめ細やかな分析・徹底した管理を行っています。

Scroll Up